デザインメモ DAILY

毎日更新!◯◯とデザインのこと。

やっぱり安く買いたい消費者とメルカリのCM。


メルカリ16年冬CM_買い物上手篇篇 15秒

【動画アリ】メルカリのCMに対する議論のまとめ : つぶやき太郎http://ttaro.blog.jp/archives/3860879.html

 

店員「とってもお似合いですよ」

彼女「そうー?」

彼氏「かわいいじゃん」

彼女「ほんとー?」

彼女「ちょっと考えます!」

彼氏「なんで買わないんだよ」

彼女「買うよ、メルカリで!安いし、新品もあるから」

出品者「あ、売れたわ」

「「買い物上手〜!」」

 

お店で試着して気に入ったのに、その場で買わずにフリマアプリで買うのが「買い物上手」だと、うたっているこのCM。上記のURLでは、販売員やデザイナーに失礼だと議論をしているようです。

たしかに、この商品を作って売っている人たちにとっては、気に障るかもしれない。でも、このCMは誰をターゲットにしたものなんだろう?と私は考えます。

 

「自分が気に入ったものを安く買いたい!」と思っている消費者。

消費者であれば、誰もが思うことですね。そして、このCMはさらに『メルカリを使って欲しい人』に絞っていると思うのです。

 

メルカリはフリマアプリです。もちろん、売っているものは全部中古品のはずです。CMでは「新品」という表現をしていますが、「ほぼ新品」なだけで一度は誰かの手に渡っていますよね?

それでも構わないと思っている人が、メルカリがアプリを使って欲しいと思うターゲット層。

 

いいものを買いたい。

そのブランドがお気に入りだから貢献したい。

などなど、思う人にはそもそも刺さらないように作っているCMなのではないでしょうか。だから、叩かれるのは当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

ターゲットを広く浅くしてしまうとつまらないCMになってしまいますから・・・と思っての過剰演出なのでしょうが、不愉快に感じる人が多いのなら失敗してるのかもですね。

でも、フリマアプリなんてあるの知らない人がみたら、「え、そうなの?!」って言ってダウンロードしちゃいそうです。やっぱり安く買いたいからね。

 

私はこんなCMが流れている世の中が悲しいです。笑

メルカリってそもそもそういう目的のアプリなのかにも、とても疑問を感じます。