デザインメモ DAILY

毎日更新!◯◯とデザインのこと。

おいしそうじゃない、よーじやカフェの看板。

f:id:karasunekoneko:20160314071543j:image

毎朝ヒカリエの「よーじやカフェ」の前を通るのですが、いつもこのモーニングの看板が気になって仕方ありません。(いきなりぶれぶれの写真でごめんなさい…)

「よーじや」といったら、京都で有名なあぶらとり紙のお店。女性としてはお土産の定番ですよね。

 

はっきり言って…残念な看板だと思います。

平日の朝は、このお店の前を通る人たちにはビジネスマンばかりです。

なのに、値段が書いてない!別にちょっとお高くてもいいんです。値段を知った上で、今度行ってみようかなと思えるような看板ではないと・・。

 

そして、写真がおいしそうじゃない。

お店の位置的にエスカレーターの乗り継ぎの間にあるので、看板の前でゆっくりとまって見ることはほとんどありません。

でも、このお食事の写真は暗くて、トリミングも綺麗ではなく、逆にチープさが目立って逆効果な気がしてなりません。

 

もっと、京都で有名な老舗のお店感?とでもいうのでしょうか。そんな「よーじや」らしさがこの看板にでてるといいのにな、とすごく勿体無く思います。

とても安っぽいんです。でも、値段が書いてないから高いのか…?と思わせる看板。毎日行けるぐらいの値段が書いてあるならいいと思うのですが、情報が足りなくてお店に来て欲しいターゲットがわからない…。

いつもモヤモヤしながら、この前を通り過ぎています。